つながり
 

施設概要  

 施設名称
児童養護施設 大隅学舎(定員80名)
 経営主体
社会福祉法人 林愛会
 理事長
白坂 茂美
 創立者
上川床 久
 施設長
永田 勇
 所在地
〒893-0064 鹿児島県鹿屋市西原2丁目33番2号
 TEL
0994-43-6229
 FAX
0994-41-3101
 創立年月日
昭和22年12月1日

ロゴマークの意味


コンセプト  愛をもって慈しみ、優しさをもって育む。
キーワード 「愛」 ( i )
イメージ  伸びゆく子供達

 見る人により理解して頂きたいと考え、文字をベースに可読性を考慮した読みやすいデザインにしました。特に曲線部を強調して、柔らかさと優しさを表現しています。
 1文字目の「R」は「林愛会」の名称にある「林」の文字から、緑の自然豊かな空間をイメージしました。ロゴの中に3箇所あります「i」は、視覚的には人の姿を、読みでは「愛」を重ね合わせています。
 カラー表現では、2種類のグリーンで、爽やかさと植物の成長過程での変化を子供達の健やかな伸びゆく姿と重ね、そして円のスモークローズは、成長の証としての植物の結実と、関係者の方々の暖かさを表現しています。

創立主旨
 昭和16年から20年にわたる太平洋戦争は、わが国にも国土の荒廃と大量の戦死者及び戦争被災者をもたらした。
とくに、12万8000人に及んだ親を失い家庭を失った子どもたちは、一部は浮浪児化し、食物と親を探し求めて街にあふれました。
青少年の非行犯罪の激増は、社会不安を引き起こし、日本の将来は憂慮すべき事態にありました。
 創立者、上川床 久は、この事態を見かねて昭和22年、県下の要保護青少年の健全育成のため社会福祉施設「大隅学舎」を設立しました。
当時の養護施設の実態は、戦災孤児・浮浪児対策に追われ、戦後処理と敗戦による精神的疲弊と物資不足から、生きるための衣・食・住を確保するのがやっとという厳しい状況にありました。
 そこで自活のため耕作作業に取り組み、野菜・さつま芋・米等の生産活動をすすめると共に製菓事業を起こし、職業訓練によって園児それぞれが自活の途を学び、社会人として自立していくことを第一義として歩みをはじめました。

沿革
昭和22年12月 青少年保護団体大隅学舎創立
昭和23年05月 児童福祉法第35条により養護施設認可・定員50名
昭和28年04月 指令第32条により定員80名
昭和43年08月 厚生省指令第456号林愛会設立認可
昭和43年09月 社会福祉法人林愛会事業登記
昭和45年10月 定款一部改正厚生大臣認可
昭和46年06月 中央競馬社会福祉財団助成
          男子寮鉄筋コンクリート造竣工
昭和47年08月 中央競馬社会福祉財団助成
          女子寮鉄筋コンクリート造竣工
昭和48年08月 中央競馬社会橿祉財団助成
          食堂兼講堂及び厨身鉄筋コンクリート造竣工
昭和55年03月 国庫県補助管理棟(増築分)鉄筋コンクリート2階建造竣工
昭和57年07月 定款一部改正厚生大臣認可
昭和63年09月 定款一部改正鹿児島県知事認可
平成元年07月 定款一部改正鹿児島県知事認可
平成12年03月 中央競馬馬主社会福祉財団助成
          男子・女子寮改装、女子寮屋上防水工事完成
平成13年02月 鹿屋市少子化対策特別交付金補助事業
          プレイルーム新築
平成15年03月 日本自転車振興会助成
          幼児室、面会室、事務室増改築
平成16年10月 武山ホーム新築
          故:武山泰雄氏(元日本経済新聞社常務)より寄贈
平成23年 3月 国県補助事業による耐震強度不足で全面改築完成 

  童人数 
令和元年5月1日現在
※( )内は養護学校児童
 
幼児
小学生
中学生
高校生
合計
男子
4
10(1)
5(1) 8(3)
27(5)
女子
6
14(1)
8(1) 2(1)
30(3)
合計
10
24(2)
13(2) 10(4) 57(8)
 
 

 
 職員人数 
平成30年4月1日現在

36名

 
 
 

 
Copyright (C) 2004 林愛会. all rights reserved.